入荷待ちしていた木のおもちゃ、キュボロ(クボロ)が届きました。

2018年9月20日

プロ棋士の藤井聡太棋士が子供の頃に遊んでいたことで話題となったキュボロ(クボロ)が我が家にやってきました!
予約してから1年以上待ちました。長かった~。

キュボロとは?

キュボロとは、溝や穴のついた(主に)立方体を組み合わせて、ビー玉の通る道を作る木のおもちゃです。スイスのcuboro社のもの。
木なので内側は見えず、玉の道を長くすればするほど複雑になっていくので空間認識力が養われます。

テレビで紹介されていたのを見た母が、孫たちへの誕生日プレゼントにと申し込んでくれました。
ところが、人気が出過ぎてお店の方でも在庫確保できなくなったそうで、当初の予定で3カ月後には手に入るはずが半年後になり一年後になり・・・、忘れたころに届きました(笑)

購入した楽天のお店から入荷予定変更の連絡が来るたびに、「クリスマスプレゼントにすればいいね」「入学祝にすればいいね」とポジティブに考えていましたが、全然来る気配がなかったので、「もう積み木で遊ぶ年じゃなくなっちゃうね。」とちょっと残念な気持ちになっていたところでした。

でも、届いてみたら買って良かった!というお品でした。
大人でも楽しいし(というか難しい!)、藤井棋士は中学生になってからよくやっていたそうなので、キュボロは子どものおもちゃと考えなくても大丈夫でした!

届く前は「ただの積み木でしょ?54ピースじゃ足りないでしょ。」と考えてしまい、実は他店でもう1セット予約しています。(そちらはいつ届くやら。笑)
「54ピースでは足りない?」と思っていましたが、実際にやってみて、いやいやいや1セットで十分!…というより、20ピースで十分頭が疲れます(笑)
藤井棋士は複数セット持っているそうです。さすがだ。

それではどんな商品か紹介します!

キュボロスタンダードの内容

キュボロシリーズはいくつかありますが、私が買ったのはキュボロスタンダードです。
スタンダードの対象年齢は4・5歳から、となっています。
そんな小さいころから使っていたらさぞかし頭がよくなっていたのでは?と悔やまれます(笑)

さっそく開けてみます。キュボロスタンダードです。

内容は、この通り。

5cm角の立方体のパーツが13種、54ピース入っています。ビー玉付きです。

穴無し23ピース

あとは溝だったり、穴だったりの場所が違うパーツになります。

同じように見えて溝の向きが違ったりするので、わけわかりません(笑)

なんとか組み立てて塔っぽいのを作りました。

組み立てがずれていたらビー玉は止まってしまうし、結構難しいです。
何より、穴の位置が上だったり下だったりなので、注意して組み立てなければうまくいきません。

上の穴からビー玉を入れて…

コロコロ…コロコロ…

コロコロ…

出た!!成功!

ちゃんと玉の道ができていました!

子供たちはあ~でもない、こ~でもないと試行錯誤を繰り返し色んな形にチャレンジしています。
私は少し手伝いましたが、頭が疲れました(笑)でもハマる!

キュボロのゲーム、トリッキーウェイが欲しい・・・

キュボロは入手困難ではありますが、キュボロのゲーム、トリッキーウェイなら比較的入手しやすいようです。
トリッキーウェイはキュボロのパーツを動かして、どれだけ長く玉の道を作れるかを競うゲーム。
枠もあるし扱いしやすそうですね。欲しい・・・。

キュボロ トリッキーウェイ/cuboro tricky ways

キュボロ トリッキーウェイ【あす楽対応】 (cuboro・Tricky Ways)【送料無料】クゴリーノ 玉転がし ビー玉 塔


トリッキーウェイもすごく頭を使うゲームで面白そう!。

キュボロは入手困難なこともあり、お店によってすごく高値で販売しているところもあるので、いろいろ比べてみてくださいね!

目指せ!第2の藤井棋士( *´艸`)♡