面白いアート「とりっくあーとぴあ日光」に行ってきた!

お盆休みにとりっくあーとぴあ日光に行きました。

日光には別の用事で来ていましたが、途中立ち寄った観光案内所でもらったパンフレットに心奪われた娘たち。
「とりっくあーとぴあ日光に行きたい!行きたい!行きたい!」としつこいくらい言います。
しまいには、中禅寺・立木観音で購入した「諸願成就守」を握りしめ、「行けますように、行けますように。」と(笑)
根負けして連れて行ってあげることにしました。

正直、「わざわざ行くところ?」と思っていましたが(ごめんなさい!)、わざわざ行って良かったです!
面白いアートがたくさんで、子供たちの笑顔を見ることができました。

オープン9時半(夏休み中は9時開館でした・・・)に間に合うように行き、夫と「朝一で行くのうちらだけかもよ。」なんて言っていましたが、時間が経つにつれ混んできたので、中で写真をゆっくり撮るには早めに行くといいと思います。

チケットもトリックアート。


最初に職員のお姉さんが、会場内でのアート作品の見方を説明してくれました。
まるでディズニーランドのアトラクションの前のような部屋で、わくわくしました。

見るだけではなく、実際に触ったり写真撮影したりできるので、皆さんいろんなポーズで遊んでいました。

とりっくあーとぴあ日光の不思議&面白アート

平面のアートが浮き出て見えて不思議がいっぱいでした。
写真もいっぱい撮りました。

竜に食べられそうになったり、

瀧に打たれてみたり

穴に落ちたり

翼が生えたり、

おっと、1,000円札が落ちている~♪と思ったら、拾えなかったり(笑)

絵画に引っ張られてみたり

サイに踏まれちゃったり

長女が次女、三女よりも小さくなっちゃった!

あれ??胴体がなくなっちゃった!!

こんな感じで、体を使って遊べました(*^-^*)
帰り道はどっちだ!?

とても楽しく過ごせました。
外にもいくつかオブジェがありました。

コビトさんになった気分になれるベンチ。

今はやりのVR体験もありました。(別料金)

我が家は年齢制限もありやっていません。

※併設してホログラフィー館もありましたが、別料金だったので今回はトリックアート美術館のみ入館しました。

とりっくあーとぴあ日光のアクセス、料金など

(私が行った時の情報なので、公式サイトをチェックしてくださいね!)
料金(美術館のみ) 中学生以上1,900円、3歳~小学生1,100円
(美術館入館者には、+300円でホログラフィー館も利用できます。)
営業時間 9:30~17:00(夏季9:00~17:30)
所在地 栃木県日光市小佐越1-4
公式サイト⇒ とりっくあーとぴあ日光