旅行中の朝顔の水やりに「水やり当番」が大活躍!

2018年8月17日

お盆休みに3泊4日で旅行に行きました。

旅行の心配事は小学1年生の3女が学校から持って帰ってきた朝顔の水やり。
旅行中枯らしてしまったら大変!と、自動で少しずつ水やりをしてくれる商品を買ってきました。

100均の自動給水器と、水やり当番を買ってみた!


左は100均で買った、ペットボトルに取り付けるもの。
右はペットボトルに入った水がサイフォンの原理で自然に吸い上げられ毛細管現象でするというもの。
(サイフォンの原理・・・水が管を登りもとの位置より高い位置を通っても運ばれる仕組み)
(毛細管現象・・・細い管を登っていく水の性質)

事前チェック

ちゃんと給水できるか、ペットボトル1本がどのくらい持つのかを事前に調べてみました。
まずは100均一のもの。
角度によって、すごい勢いで出たり、

ポタポタ出たり・・・

土に入れると圧がかかるのか、ペットボトルの水はそれほど勢いよくは減りませんでしたが、朝顔の鉢が土も少ないし軽いので、これを2本差すのは倒れそうだし、大きな穴が開きそうだったので、水やり当番に期待することに。

続いて「水やり当番」。

水やり当番はジワリと出ているのがわかります。
これを土にさします。

ペットボトルに表面張力で水がギリギリぐらいに水を入れましたが、1時間くらいで2センチくらい減っているのがわかりました。
だけど、そこからが減らない…。
今度はペットボトルの位置を買え、ホースが折れないようにして、根元までさして実験で一晩置きました。

給水量は条件によるようですが、実験では一晩で500ミリペットボトル5センチぐらい減っていたので合格とします。

水やり当番は2本セットだったので、2本差し、100均のものは使わずに旅行に行きました。(ペットボトル2本)

台風も心配だったので室内に置いていました。

そして旅行後、恐るおそる玄関を開けると・・・!

無事でした~!!

ほ。
これで末っ子に泣かれずに済んみました(*^-^*)

水やり当番いい働きをしてくれました。
水はそれぞれのペットボトルの下に3センチくらい残っていました!

水やり当番 Mサイズ(2ヶ組) 留守 自動 水遣り器 関東当日便

小学生

Posted by さとみ