グリコの工場見学、グリコピアCHIBAに行ってきた!(千葉県・野田市)

2018年4月に千葉県野田市にある、グリコピアCHIBAに行ってきました。

子供が喜ぶので、お菓子工場の見学にはいくつか行っていますが、グリコピアCHIBAに足を踏み入れて一番に思ったのは「きれい!」でした。
それもそのはず、2017年の夏にオープンしたばかりということで新しい。
きっと最新の見学施設だわ!と期待に胸膨らませ行ってきました。

見学回は1日5回。

見学回は通常、1日に9:30の回、10:30の回、12:30の回、13:30の回、14:30の回の計5回です。
私達は9時半の回を予約しました。
車で行きましたが、早く着きすぎたので門の前で、9時まで開くのを待ちました。
守衛さんが9時に案内してくれました。

1階の撮影スポットにはグリコモチーフいっぱい

駐車場に車を停め、施設内に入り受付をしました。
受付では、見学後に体験できるアイスクリームの手作り体験「グリコキッチン」(有料1,500円)の案内があり、1キット分だけ申し込みました。
1キット2名分の分量ということですが、我が家の場合1キットで家族5人十分満喫できましたよ。

1階にある撮影スポット以外、施設内は撮影録音NGです。
撮影スポットのグリコモチーフの前では記念写真をたくさん撮りました!

トイレのマークもグリコポーズで可愛い。

ベンチはパピコの形をしています♪

見学施設が素晴らしい。

見学の最初はビデオ上映。
シアターでは、アイスクリームができるまでの説明と「創業者の江崎利一物語」が上映されました。この創業者のお話がドラマ仕立てですごく面白かったです。
そして常に「人のために」を考えている人ってやっぱ違うな~と感心するばかりでした。
グリコの想いに触れ、グリコ製品を買いたくなりましたよ!

シアターの後は、アイスの製造ラインへ。

ただ見て回る「見学」というより、実際に体験できる施設となっていて嬉しい&楽しかったです。
いくつか体験できるポイントはありましたが、一番楽しかったのがエージングタンクです。
エージングタンクはアイスクリームを入れておく巨大なタンクのこと。
見学コースに実物があって、中に入ることができました。
霧状のスクリーンにアイスが映像投影されていて、しかもアイスの香りもして、実物のタンクの中に入った感覚でした。
その他にも実際に体験できるスポットが要所要所にあり楽しかったです。

パピコの試食が嬉しい

最後にパピコの試食をさせてもらいました。
実際にパピコの作られる過程を見てからの試食に子供たちもより嬉しく感じたようです。
出荷のトラックの荷台(風の冷蔵庫)から出されたパピコ。
「アイスが作られて、出荷されるまで」を見ることができました!

まとめ、感想。

楽しかった!この一言です。
ただ見て回るだけじゃなくて「体験・体感」できるのがグリコピア千葉の魅力だと思います。
アイスの工場なので、上着を持って行っていくといいですよ!

グリコピアCHIBA(野田)について

所在地 千葉県野田市蕃昌10番地(東武「愛宕駅」東口から車で約10分)
入場料 無料(完全予約制)
休館日 毎週金曜日/お盆休み/年末年始/工場メンテナンス日
営業時間 9:30~16:00(受付時間:開館日9:00~16:00)
見学回 9:30の回、10:30の回、12:30の回、13:30の回、14:30の回
見学時間 約70分
予約開始 行きたい月の3カ月前から(8月なら5月)(※2018年5月現在)
開始日はその時によって違うのでホームページ要チェックです!

土日祝日は予約開始日に結構埋まっちゃうのでなるべく受付開始時間に即予約しましょう!
公式サイト⇒ グリコピア千葉、工場見学詳細

空席があれば当日予約もOKとのことなので是非チェックしてみてくださいね!

グリコの工場はほかにも、グリコピア神戸(兵庫県神戸市)、グリコピア・イースト(埼玉県北本市)がありますよ!