やることなすこと全てが遅い長女。
先日、小学校の個人面談で担任の先生からも「遅すぎる!」と指摘されました。

いや、わかっていたんです。
家での様子からも私自身気づいていましたし、保育園の頃からも先生からずっと指摘されてきました。
小さい頃は「大らかな子」とか「穏やかな性格」としてプラスの意味で言われていましたが、今年の担任の先生の言葉は結構厳しい(>_<)
でも、先生との話はすごく心当たりありまくりだし、長女の将来が不安になってきました。

長女の周りだけ時間がゆっくり流れている。

先生は開口一番、「やることが遅すぎる。あの子の周りだけ時間がゆっくり流れているんですよね。」と仰いました。
うん、うんわかります。泣
「ドリルが終わらないんです!」
あー、ごめんなさい!どういう状況かわかります(>_<)

ドリルが終わらない・・・。
先生の言いたいことはよくわかります。
3年生の時も連絡帳に「(授業中にやる)ドリルが終わっていないので、土日に終わらせてきてください。」と先生に書かれていましたから。
私は「やっぱりか・・・。」という気持ちです。

長女に「なんで終わらないの?」と聞いても、「う~ん、時間がないんだもん。」と気の抜けた返事。

いや、わかっているんです!
ボーっとしているんです!
「よし、やろうかな。」と思った時にはみんなはすでに終わっているんです。

何をするにも遅すぎる!!

まず、
① 食べるのが遅すぎる!!
家でも食事の時間、永遠に食べ終わらないんです。
次女と3女が食べ終わっているのに、全然すすんでいない。
先日、夏休みのタイムテーブルを作らせたら、次女は食事時間20分にしているのに、長女は自分で「遅いから。」と40分にしている。

おしゃべりやTVに夢中ですぐ箸を置いてしまう。
口に入れたままTVに見入ってしまって、「口が動いてないよ。」と言うと焦ってモグモグする。
次女と3女がTVがついてようが、食べることも同時進行できるのに対し、長女は出来ない。
(長女を待っていると、他の娘たちがTVを見れない・・。)

保育園の時は、「みんなと一緒に食べ終わることが達成感につながる」とのことで、あらかじめ給食の量を減らされていました。
小学生になった今もやっぱり「時間内に給食を食べ終わらない。」そうです。

② 連絡帳を書かない。
毎日連絡帳に、明日の持ち物や宿題について書いてきて、親が内容をチェックしハンコを押すことになっているのにいつも書いてこないんです。
「なんで書かないの?」と聞くと、「う~ん、書こうと思ったら消されちゃってる。」とか。
「皆が書いている時に書けばいいでしょ!」と言っても「分かった。」という割には書いてこない・・・。

③ 提出物を出さない。
通信簿に「宿題や提出物を出さない。」って書かれていました。
本人に聞くと、「宿題はやってはあるけど、出すのを忘れちゃう。」んだそう。
「皆が出す時に出せばいいでしょ!」と言っても、「部活行ってて出しそびれちゃう。」んだそう。
「じゃあ部活行っている子はみんな出してないの?」と聞くと「いや出してるけど・・・。」って。怒

ほんと、やることなすこと遅いし、忘れてるしで困っています(>_<)
ドリルも終わっていないならやりなさい!と言っても、やり忘れていてもあまり焦っている様子はないんですよね。
罪悪感もないようで、どうしたらいいんでしょうか?( ノД`)

先生からは、
今はお友達が待っていてくれるからいいけど、女の子は除け者とかしだす年頃になってくるから、そのうち「遅いから先に行こっ。」って見捨てられるかもしれない。
と言われました。

あ~、なんか目に浮かびます(>_<)
そういえば水泳教室でお友達が着替えて出てきても、なかなか長女が出てこなくてお友達が「遅いから先に出てきた!」って言うんですよね。
いつも待たせてばかりいるような子になるのも困ります。

さらに先生は、「今はよくても、社会に出てから困りますよ!」と。(>_<)

親として長女の為に何ができるか?

「早くしなさい!」っていつも言っています。
でも結果、早くはできていないわけです。

ではどうすればいいのでしょうか?
私が先回りして準備したり、遅れないようにすることはできるかもしれません。
だけど、本人の根本が変わらなければ私がいないところでは何もできなくなってしまう気がします。

なので、私が口うるさく言うのではなく、本人にどうすればいいのかを考えさせてみました。
① 「どうしたら時間内に給食を食べ終わると思う?」
おしゃべりしないで、食べることに集中する。
終わってからおしゃべりする!

② 「どうしたらちゃんと連絡帳を書いてこられると思う?」
先生が全部書き終わってから書くんじゃなく、書き始めたと同時に写す!

③ 「どうしたら提出物を出し忘れないと思う?」
学校についたらまず出す!

④ 「どうしたらドリルを終わらせることができると思う?」
ぼーっとしないで、みんなと同じように取り組む!

「自分で考えたことならできそう?」と聞くと、「頑張る。」というので任せてみようと思います。
いずれは親元を離れるわけだから、すべてを指示しないで「自分で考えて行動する。」をさせてみようと思います。
「困った時にどうすればいいか?」の答えを自分で出す練習です。

これで少しは機敏に動けるようになるといいんですが・・・。

少し長女についてフォローをすると・・・

こてんぱに言っていますが、長女は知能テストはバッチリです!
BlogPaint
個人面談で、知能テストと、学力テストの結果をもらいました。
先生から「ぼーっとしているから大丈夫か心配だった。」と言われました。汗

学力調査の結果も、国語目標正答率68%のところ98%、算数は目標正答率72%のところ90%なので、良しとします。(平均点でなく、あくまで目標値なので当たり前かもしれませんが・・・。)

親から見てもその点は心配ないんです。
学習面では一度言うとすぐ理解してくれるので。
ただ、生活面がね・・・(^_^;)
自分で動けるようにこれから頑張ってもらいたいと思います。