夏休みです!
共働きの我が家では、子ども達の長期休暇の過ごし方が気になるところ。
平日は学童保育所に行っているので安心ですが、
長い休みの間、ダラダラと過ごしてもらっては困ります。
今年は子供の力を信じて、子ども作成のスケジュールで過ごしてもらうことにしました!

夏休みのスケジュールを作ってみた。

まずは、全体(1ヶ月間)のスケジュールを考えさせました。
行きたいところ(祭りとかイベントとか)、やりたいこと(部屋をきれいにするとか友達と遊ぶとか)などを考えて埋めていきました。
無題2 - コピー
そして学習面では、
①学校の宿題をいつまでに終わらせるか?

娘たちの学校の宿題は、プリント10枚、日記2日分、自由研究、読書感想文。
プリントは1日1~2枚ずつやって7月中に終わらせる。
日記はイベントの翌日に書き、
自由研究と読書感想文は8月15日までに終わらせることが目標だそうだ。

②1学期までの学習を頭に定着させる。
Z会、どらゼミその他ドリルを1年生ごろから溜めまくっているので(コラ!)、復習がてらやってもらうことにしました。
学校の宿題があるうちは一日2ページずつ、学校の宿題が終わってからは6ページずつはやると決めた。

次に1日のタイムスケジュールを考えさせた。
無題 - コピー
③平日と休日の過ごし方を2種類考えさせた。
平日は学童に行っているので、ほとんど何かができる時間がありません。
なるべく30分程度は学習のは毎日してもらって、休日に自由研究など時間がとられることをすることにしました。

DSCN0992 - コピー
子どもに作らせたら、一日中勉強しているスケジュールになっていました(笑)
本人に、「ホントにこんなにできるの?」と聞いたら「大丈夫!」とのこと。
まぁ本人が「やる!」って言っているんだから任せましょう!

いつも「早く宿題やりなさい!」と言っては、「え~。」と面倒がっていた娘たちです。
今度は特に何も言わなくても、このスケジュール表を印籠のように突き付けてやろうと思います。笑

スケジュールを書きだしたことで、やるべきことの量が可視化できたことが良かったと思います。
今までなんとなく頭の中で、「これとこれをやらないと。」と思っていただけでしたが、スケジュール表で「いつまでにどれだけやらないといけない。」ということが具体的になりわかりやすくなったと思います。

学校の宿題は早めに終わらせた方が気分的にも楽です。
子どもの考えた8月15日までに終わらせる目標はいいと思います。
是非達成してほしいものです。

また、せっかくの長期休みです。しっかりと復習もして新学期に備えてほしいと思います。

今年1年は練習の年。

今年は学童保育所に入れたのでそれほど心配はありません。
ですが、来年は確実に学童には入れない。
親が仕事で留守の間、どのように過ごさせるかが課題です。

今年1年は来年の練習の年と考え、自分でスケジュール管理をできるよう試したいと思います。
ダラダラと無駄に長期休みを過ごさないよう、そして終了ぎりぎりになって宿題が終わってなくて焦るなんてことのないよう、メリハリのある生活をしてほしい。
来年困らないように今から練習です!

子どもが組んだスケジュールは、結構無理がありますが、子供の力を信じたい!
途中で修正したっていいんだから、まずはやってみる!
自立への第1歩だと思って見守ろうと思います。