うちの娘は学区外通学をしています。
越境通学とも言いますね。
学区外通学とは、住居地によって指定された本来就学すべき学校とは別の学校に通うことです。

長女が小4になり、中学の進学先のことも考えるようになって、小学校の通学先を変更したことが果たして正しかったのか?と思うようになりました。

学区外通学を選択した理由

はっきり言って親の都合です。
当時はいろいろなもっともらしい理由をつけましたが、今思うと親の都合でしかなかった。

今通っている学校(A小学校)は私からすると魅力的に見えました。
本来通うべき学校(B小学校)は小規模で、立地面や学力面など総合的にいいイメージがなかった。

でも何よりも、お友達と離れたくなかった。というのが大きい。
A小学校は娘たちがお世話になっている保育園に隣接していて、卒園児の8割方がA小学校に行きます。
なのでお友達と離すことが可哀想に感じてしまいました。

さらには、保育園のお迎えを実母にお願いしているので、保育園と学童のお迎えのことを考えても、隣接するA小学校の方が母の負担が少ない。
将来、お迎えが不要になっても、実家に近いA小学校の方が楽。

通学路の面を考えても、道幅狭く人通りの少ないB小学校より、駅に向かう人で賑わうA小学校の方が都合が良かった。

また、A小学校はマンモス校で、その分中学受験者も多く優秀な学校ともいわれていたことも一つ。

理由はいろいろ付けられたけど、「絶対A小学校じゃないとダメな理由」はなかったはずだ。
でも長女の学年では、B小学校に行くはずの4人が学区外申請をしてA小学校に通うことになり、私も悩んだ末、心強い方に決めました。

何よりお友達と離すのが可哀想というのが前提にあったと思う。
でも、今だから思うのは「自分がママ友と離れたくなかった。」のかもしれない。
そこはすごく後悔と反省がある。

確かに、母からも送迎の関係でA小学校を強く勧められていたこともあった。
だけど自分の心の奥底に確実に「仲間から離れる不安」があったように思う。
DSCN0990 - コピー

学区外申請は、私の住む自治体では年長の10月から受付を開始していました。
一年ほど悩んだ末、申請をすることを決め、役所に行きました。

本来ならば自治体で決められた学校へ行くべきところ、理由をつけて申請するわけです。
申請理由をいろいろ言ったら、
「つまりは、A小学校の学童に行きたいわけですね。」と言われました。
受付の人が、たくさんの項目の中から、「希望先の学童利用」に〇をつけていました。

学区外通学のメリット、デメリット

娘が希望の学校に通うことになり、心配していた送迎面、立地面、お友達関係は問題なくクリアしました。

でも最近思うのは中学校の事
A小学校の地区で指定されている中学校に行くためには改めて学区外申請をしなければなりません。
これが、最大のデメリットでした。

A小学校とB小学校は自宅からの距離はさほど変わりません。
だけど、A小学校の子が通う中学校はとても遠いのです。
もしその中学校に行くようになったら自転車通学になります。

特に理由がなければ自宅そばの中学校に行くことになるのですが、それなら「最初からB小学校に行けば良かったじゃん。」と思ったのです。
「中学でお友達と離れるなら、小学校入学時に離れて新たなお友達作りをすればよかったじゃん。」って話です。
いろいろ理由はつけたけど、やっぱり根底に「お友達と離したくない。」というのがあったというのが、私の思考からはっきりわかった。

もう一つ問題がある。
うちは年子なので、長女だけでなく次女も説得しなければならないこと。
次女は必然的に長女が通う中学へ行くことになる。
長女には自宅近くの中学に行くことを説得できても、次女は極度の引っ込み思案なので、知り合いのいない自宅近くの中学に行くのを嫌がることが目に見えている。
下手すると中学3年間、モジモジして終わる可能性がある。

3女は中学は上の子たちが卒業しているので影響しないように見えるがやっぱり違う。
3女が小学1年生の時、長女と次女はそれぞれ、6年生と5年生。
たった2年間のために3女も結局はA小学校に通うことになる。
するとやっぱり中学進学時に悩むであろう。

学区が定められているのには理由があった。学区外にしなけれなならない絶対的な理由がないなら定められたところに通おう。

学区外通学を考えているなら、その理由はなんだろうか改めて考えてみた方がいい。
「学区外じゃないとダメな理由」は、努力次第でクリアになるかどうか?
中学進学時に影響しないか?
兄弟に影響しないか?

今は学校が選べる時代です。
いじめとかで学校を変えざるをえない時には変えればいいと思う。
でも、
「条件的に」他の学校じゃないといけないのはやむをえないけど、「感覚的、感情的」な部分で検討しているならよ~く考えてみることをお勧めします。

6年間で取り巻く環境も変わります。
その時の感情よりも、その先のことも考えて結論付けるのがいいと思います。