ランドセルの色選びに後悔したくない。子どもの望む色にすべきだと思った経験談

七月に入りランドセルの販売があちこちで見られるようになりましたね。
四年前、長女のランドセルを買う時には、「まだ八月なのにみんなもう買うの!?」と驚いたものですが、この時期に販売するのはいまやスタンダードですね。

人気の工房のホームページは販売開始した途端、繋がりにくくなるほどアクセスが殺到したとニュースで見て、親御さんたちのランドセル選びに並々ならぬ情熱を感じられます。

かくゆう私も長女の時には、色んな工房のホームページをずっと見ていた記憶があります。
サイト上で、素材や色を選ぶシミュレーションを何度もしました。
DSCN0859 - コピー

本人が望む色と、親が選んだ色のどちらにするべきか?

私の子供の頃は、ランドセルと言えば女子は「赤」、男子は「黒」が当たり前でした。
でも今はたくさん色の種類がありますよね。

長女が年長の時、売り場のカラフルなランドセルを見ても「赤と黒でいいじゃん。こんなところで自己主張しなくていいのに。」と思っていました。

だけど、長女に希望の色を聞いてみると「絶対、水色!!」と言うんです。
私としては、「えー!そんな奇抜な色がいいの~!?」と相手にしませんでした。
結果、長女のランドセルは昔ながらの「赤」です。

「本人が望む色と親が考える色のどちらにするか?」を悩む方も多いんじゃないかと思います。
6年間も使い続けるランドセル選びに後悔したくないですよね。

長女が小4になった今だから思うのは、「本人の望む色にすべきだった。」ということ。

私としては本人の希望を通してあげたいけど、周りとかけ離れたことをする勇気がなかった。

長女とランドセル売り場に行って、試しに背負わせてみながら、
「水色より赤の方が似合うよ。」とか「水色みたいに薄い色だと、汚れが目立つと思うよ。」とか、本人が赤を選ぶように誘導しました。
あとキラキラしたビジュー付きの物を選ぶので、「6年間の間に、絶対ひっかけて取れちゃうんじゃない?台座だけ残ったら変じゃない?」と言ってなるべくシンプルなものに誘導しました。

心配無用!小学校はとってもカラフルだった!!

長女は「赤」を選んだけれど、クラスのお友達のランドセルは思った以上にカラフルでした。
珍しい色は目立ってしまうと怖れていましたが、
一年生の間は、学校支給の黄色の交通安全のランドセルカバーをつけるし、
二年生以降は、みんなそれぞれ好きなランドセルカバーをつけています。
ランドセルの色が見える場所って、側面だけだった(^_^;)

長女の経験から次女には自分の望んだ色を購入したので、長女にはちょっと申し訳ない気持ちです。
使うのは子供なので、子供の好きにさせてあげれば良かったと少し後悔しています。
水色でも赤でも子供の望む色にしてあげた方が後悔が少なかったと思います。
DSCN0862 - コピー

ランドセルは容量をチェックしよう!

ランドセル選びは、第一印象を左右する色に目が行きがちですが、色より丈夫さや容量を確認すべきだと思いました。
赤が長女で、茶色が次女の物ですが、見ての通り茶色の方が大きいです。
ちょっとの差ですが、大きい方がストレスがありません。

CMで「A4クリアファイル対応」とか「A4フラットファイル対応」とか聞きますが、私は断然フラットファイル対応をお勧めします。
長女のはクリアファイル対応で、容量が少ないんですよね。

小学生は結構荷物があるんです。
習字道具とか、絵の具道具、今の時期だとプールバックとか。
なるべく手荷物を減らしたくて、給食袋や体操服をランドセルに押し込みたいんですが入らないんですよね~。

大きいとその分重いですしデメリットもありますが、すんなりものが入る次女のランドセルに比べ、長女のランドセルにはイラッとくる時があるので、大きい方が好きです。

というわけで、三女の時は、色は本人任せで、大きさ重視で考えたいと思っています。

小学生

Posted by さとみ