3カ月ほど前に、義兄のたかり癖の悩み。直接対決の前にすることを考えてみた。という記事を書きました。
残念ながら、その直接対決を早い段階で迎えました。
一言でいうと、義兄が親からお金の援助を受け続け、ついに親の貯金も底をつき、我々に影響が及び始めた。と言うことです。

子育てとは外れますが、この件について一応は前進したので、自分の記録と、お金にだらしない身内に困っているどなたかの参考になればと思い、記しておきます。

ことの発端。義兄の離婚、退職。

私は次男の嫁で、結婚と同時に夫の両親と同居しています。(舅は他界)
長男(義兄)は数年前に離婚し、家と子どもは元奥さんが引き取っています。

長男は昔からお金にだらしなく、奥さんに愛想を尽かされたって感じです。
姑は昔から長男が作った借金やローンなどの援助をしていました。

離婚をきっかけに(本人曰く)うつ病を発症。
数カ月休職しました。
奥さんから家を出された為、行くところがなくなり我が家に転がり込んできました。

私としては、姑と同居ってだけで苦しいのに、義兄も来たわけです
うつ病を理由に家に引きこもり、だけれども「俺は長男だから。」と言って、親に対しても我々弟夫婦に対しても偉そうな態度。
タダ飯食らいがずっといるわけです。
それに一応は夫以外の男性がいるわけで、お風呂に入るのにも気を遣うしほんと苦痛でした。

姑は「あと10日くらいいいよね?」と何度も義兄が家に住むことを引き延ばしましたが、復職したこともあって最終的には出て行ってもらいました。
その引っ越し代金ももちろん姑が出したわけですが。

ところが1年半ほど前にその会社も退職しました。
姑は退職の話をずっと我々夫婦には隠していましたが、私は姑の発する言葉から薄々気づいていました。

義兄はギャンブル、バイク好きで、会社勤めしていた時もお金が足りなくなると姑から援助されていました。
でも仕事を辞めてからは、収入がないのでお小遣い程度の額ではなく、毎月少なくとも15万は援助を受けています。
姑は年金をそれなりに貰えていて、さらに掃除のバイト、皿洗いのバイトを掛け持ちしているから出来るわけです。

はっきりいって、私は面白くないですよ。
だって、同居している我々が電気ガス水道、食費全て払っていて、姑から金銭的援助も一切受けていないのに、
さらには一緒に住んでいる私の子ども達にお年玉の一つもくれないのに、義兄に援助する。
はっきり言って頭にきます。
だけど、「姑のお金を姑がどう使おうと彼女の勝手だから、口出しはしないでおこう。」と自分に言い聞かせていました。

過干渉が無職の子どもを作り出した。

姑のダメなところは、過干渉なところだと思っています。
以前、姑の過干渉に悩むあなたへ。同居歴12年の私が言えること。という記事を書きました。
姑は良く言えば本当にすごい世話好き。
悪く言うならば、自分が常にリーダーでいたいタイプです。
これについては今回は話がずれるので書きませんが、とにかく干渉が過ぎます。

私は義兄をお金にだらしない人間にしたのは姑の過干渉が原因だと思っています。

なんと姑が義兄の通帳を管理しているのです。
40過ぎたいい大人の通帳を親が管理しているんです。
なんでも采配ふって自分で進めていくタイプの姑。
姑が義兄の通帳に入金してあげて、義兄はカードで引き出す。という流れになっていました。 

常に通帳記入してるので、義兄にお金がないことがわかるんです。
それですぐまた入金してあげちゃう・・・。
義兄は義兄でカードさえあれば常に引き出せる状態です。
魔法のカード。汗

我々へ影響が出始めた。孫にお金を借りる姑。

2月の年金支給日後、お金があるはずの姑が私に「お金を貸して。」と言ってきた事から、今まで気づかないふりをしてきたけれど、「義兄を甘やかさない方がいい。」ということを伝えました。
そして、夫からは義兄に電話をしてもらい、「お母さんがお金ないみたいなんだけど、理由を知っているか?」とそれとなく聞いてもらいました。
そしたらその後は電話が繋がらなくなりました。

それから3カ月の間、姑は義兄とやり取りはあったようですが、
姑も義兄の話題を出さないし、義兄は我々からの電話は出ないので状況がわかりませんでした。

そして先日、
私が家に帰ると、姑が「6,000円貸して」と言ってきました。
月末にバイト代が出たばかりのはずなのにです。
理由を聞くと、「腰ベルトを買って、明日着払いで来るんだけどお金なくて・・・。年金もらったら返すから・・・。」と。

この期に及んで義兄のことは言わない姑。
私も自分の財布を見たら4,000円しかなくて、そしたら次女が自分のお小遣い2,000円を持ってきたんです。
「おばあちゃん、貸してあげるよ~。」って。

子どもにお金の貸し借りなんか見せたくないし、貸し借りは悪だと教えているのに、子どもに借りた姑に頭来て
「いい加減、義兄をどうにかしなよ。」と言いました。

そしたら、ぽつりぽつりと現状を話し始めました。

家賃滞納が発覚。義兄と直接対決へ。

姑の話から、義兄が家賃を滞納していることがわかりました。
大家さんから、引っ越しの保証人になってくれた親戚のところへ連絡があったそうです。
そしてその親戚から姑に連絡が来た。

大家さんにも、保証人になってくれた親戚にも迷惑をかけている。
これは仕方がない、私が立て替えるしかないと思いました。

その晩、夫にも現状を話し、次の日義兄のところに乗り込むことにしました。
夫は「ふざけんじゃねぇ!」と怒るだけ、姑は「もうどうしていいかわからない・・・。」とおろおろするだけなので、
全ては嫁である私が仕切らせてもらうことにしました。

さとみさん、怒ったら怖いよ?(笑)

次の日は日曜日だったので、子供たちは実家に預けて、夫、姑、私の3人で義兄のアパートへ行きました。
事前に連絡すると逃走する恐れがあったので直接行きました。(←ほんとどうしょうもない。泣)

向かう車の中で3人で作戦を練りました。

家賃について。
滞納分は立て替える。
ただし、大家さんに直接払って、義兄には立て替えた事実は伝えない。
払ってもらったと思うと安心してすぐ甘えるから。
働かないと追い出されるかもしれないと危機感を持たす。

通帳を持参
姑は義兄からの要求に、(私たちから借りたりしつつ)なんだかんだで援助していました。
「ない、ない」と言いながら結局は渡していたので、本当にないことを見せないといけません。

誓約書を書かす。
法的効力はないけど、自分のことは自分でしないといけないことを意識させるために。
1.働く。
1.働いたお金で生活する。
1.お金がなくても母、弟夫妻に助けを求めない。迷惑をかけない。
1.借金をしない。
1.仮にアパートを出されても実家には戻らない。
というような内容です。

私は嫁だけど、姑に対してもかなりの強硬な姿勢でいました。
車の中で、姑が「お兄ちゃんの就職が決まるまで、少しの間・・・」と言いかけたので、すぐさま「ダメ!」と言いました。
最後まで言わせなかった。
そして「私にその生活を強いるわけ?」と言ったら黙った(笑)

我ながら強くなったな~(笑)


経緯だけで長くなってしまいました(^_^;)
長くなったので、分けて書きたいと思います。
結論から言うと、とりあえず仕事が見つかりました!
次回直接対決の内容を記します。
  ⇒ 無職の身内を働かせるために(2)~状況把握と叱咤してきた。
   ⇒ 家賃の立て替え~無職の身内を働かせるために(3)
  ⇒ この親にしてこの子あり~無職の身内を働かせるために(4)
  ⇒ 義兄の仕事が決まった!浮かれている姑をたしなめる~無職の身内を働かせるために(5)
  ⇒ 仕事が続かない人を前に私が思うこと~無職の身内を働かせるために(6)最終