先週から公開になった映画「シンドバッド」を観てきました。
P1040906 - コピー

これは、3部作となっていて、昨年7月に第1部、今年1月に第2部、そして今月から第3部の完結編が上映です。
1部と3部は観ました。
2部は観はぐってしまいました・・・。残念。
シンドバッドはイオンシネマが主に上映されているようで、映画にはよく行くけれど、近くにイオンシネマがなく、いつもTOHOシネマズだったり、MOVIXの映画館を利用していたので、シンドバッドの広告を見れずに、上映されていたことを忘れていました・・・。

でも、大丈夫!
1部・2部を観ていなくても完結編では、1部2部のダイジェスト版が流れました。
約2時間のところ、最初の半分ぐらいはダイジェスト版です。

※ちょっぴりネタバレ有りの感想です。
見たくない方はお戻りくださいm(__)m


日本アニメーション40周年記念作品「シンドバッド」あらすじと感想

海の向こうの未知の世界にあこがれているシンドバッド
シンドバッドの前に、空飛ぶ馬に乗った少女サナが落ちてきた。
サナは何者かに不思議な石を狙われ追われていた。
サナを守り、仲間の元へ返すためシンドバッドはバハル号の船乗りとなって、航海と冒険が始まる。

パンフレットに書かれているキャッチ・フレーズ「世界はいつでも、僕ら次第」っていいですね~(*^-^*)
P1040907 - コピー

・・・。
い、言い訳ですが最近仕事が忙しく、睡眠時間も少なかったので・・・、
ちょっとウトウトしちゃったんです。途中の記憶が・・・。

でもでも、好きな話でした!
ウトウトしながら感じたことは、ラピュタみたい!です。
空からサナが落ちてきて → 空からシータが落ちてきて
狙われる石の首飾り → 狙われる飛行石の首飾り
悪者 → ムスカ
目的地までの経路 → 竜の巣
サナの仲間がいる島 → ラピュタ
みたいな(笑)

ラピュタみたいだな~と何度も思いましたが、好きなお話、世界観でした。
冒険モノはわくわくします!
一緒に行った永遠の少女の母は「さとみと見た中で一番良かった!二時間すぐ経っちゃった!」と絶賛しております。
(うちの母はめちゃくちゃ純粋ちゃんなんです。)
私も、やっぱ日本のアニメーションはいいな~と思いました。
悪者を悪者で終わらせない感じとか。
ちょっとホロリとくるところもあり、いいお話でした。(ウトウトしてたくせに。笑)

イオンシネマはオーナーズカード提示でお得

今年イオンの株を買いました。
先日株式優待カード、オーナーズカードが届き、イオンシネマで初めて使いました!
BlogPaint

映画チケット購入の際、オーナーズカードを提示したら割引がありました。
この日は大人300円引き、小学生200円引き×2、幼児100円引きと55歳以上(割引なし)で合計5000円でした!
更に、ポップコーン又はジュースの無料引換券もいただきました。
チケット代を合わせると、1,000円以上お得になって嬉しいです。

イオン株は100株を15万円くらいで買ったので、残りの149,000円くらいを何かの割引になったら最高だな(笑)
イオン株、イオンやイオンシネマがお近くにある方にはオススメします(*^-^*)