春休みに入り、小学生の娘たちはお弁当を持って学童に行っています。
我が家で使っているお弁当箱を紹介します♪
P1040355 - コピー
サンリオのタッパー3個セットです!
これ、すごく便利で重宝してます(^^)

子ども達のお弁当遍歴♪


P1040358 - コピー

3歳ごろは300mlぐらいの弁当を使っていました。(画像右タイプ)
半分ご飯を入れて、半分おかずです。
年少の頃は、量としてはちょうどよかったかと思います。
5歳ごろになると、量が少し足らず、小さなデザート入れを追加しました。

小学生になって、2段弁当になりました。(画像左タイプ)
上段が大体260ml、下段が220mlほどです。
下段にご飯を入れて、上段にはおかずを入れていました。
2段弁当箱は量としても丁度良かったのですが、パッキンの収まり具合によって、閉めづらかったな~。
無理やり閉めて、連結部分を割ってしまったり・・・というデメリットがありました。
それとちょっと値が張るんですよね。

何度か買い直し、今はタッパーに落ち着いています。
これは便利ですよ。
忙しいママにお勧めします!!

タッパー弁当箱のおすすめポイント!

P1040356 - コピー

1. メニューによって使い分けができる!!
1段弁当箱・2段弁当箱のいわゆる「ザ・弁当箱」は、容量が決まっているため、メニューによっては隙間ができちゃうことも。ミニトマトとかで穴埋めすることになりますよね。
もしサイズ違いのタッパーがいくつかあったら、内容量によって使い分けができます。

2. 味移りがない!!
それぞれが単独だから味がうつりません。

3. 留め具がない!!
「ザ・お弁当箱」を使っていた時は、落としたり、変な風に曲げちゃって、何度留め具を割ったことか・・・。
タッパーには留め具がないので、その心配がありません。
それに、力のない幼児にとって蓋をとめるのってちょっと難しいですよね。

4. 単独なのが使いやすい!!
それぞれが単独なので、小さい子供の手で、お茶碗のように持って食べることができて食べやすい♪

5. パッキンがない!!
これが一番嬉しい♪
パッキンをいちいち外して洗うの面倒ですよね。
そしてパッキンをはめ込むのも面倒です。(コラ)
上手くハマらなくてイライラすることもありました。
タッパーにはパッキンがないから、それだけで時短になります(*^-^*)♪

今使っているものが、量が足りなくなったり壊れたりしたら、タッパー弁当箱を是非検討してみてください(*^-^*)
楽ちん便利ですよ~。
ビバ、タッパー♡