ディズニーピクサー映画「アーロと少年」を観てきました!
※ちょっぴりネタバレ有りの感想です。見たくない方はお戻りくださいm(__)m
P1040353 - コピー

アーロと少年 あらすじ


弱虫な恐竜の子どもアーロ。
兄弟の中でも小さく、怖がりでバカにされています。
そんなアーロに父はトウモロコシ泥棒を捕まえる仕事を与える。
みんなに認められたくて泥棒を捕まえようとしますが、いざ泥棒を目の前にしてひるんでしまい、逃がしてしまいます。
父に落胆され叱咤され、父と一緒にトウモロコシ泥棒を追います。
そのさなか、激しい嵐に見舞われ父が濁流にのみこまれてしまう。
父を亡くしたアーロの前に、またあのトウモロコシ泥棒がやってきます。
アーロは深い憎しみを持って、トウモロコシ泥棒を追います。
追う途中、川に流されてしまうアーロ。
見知らぬ土地で目覚めたアーロを救ったのはあのトウモロコシ泥棒の少年スポットでした。
大自然の脅威や弱肉強食の世界からアーロを守るスポット。
いつしか2人には絆が生まれ、一緒に故郷を目指します・・・。

アーロと少年 感想


アニメであっても洋画は得意じゃないので、あまり期待せずに行きました。(子供が行きたいと言ったので・・・)
最後はうまくまとめていたかなと思いますが、「面白かった!」「感動した!」「すっきりした!」とかの感嘆符をつけるまでの衝撃はなかったかな。ゴメンナサイ。

すごいと思ったところは、やはり大自然の映像です。
この技術に一番感動した(笑)
実写かと思うほどの大自然の映像。あまりの美しさに驚かされました。
これってホントにCGなの?ってぐらいリアルです。
一方でキャラクターはデフォルメされています。
アーロ目線で描かれているので、動物たちはしゃべりますが、人間のスポットとの会話はありません。
遠吠えしたり、ほとんど子犬的に描かれているスポット。
「アーロと子犬」でも成り立つんじゃ?(笑)・・・あ、言葉が通じないからいいのか。
会話はなくとも心は通じ合って意思疎通できていました。

とにかく映像はすごかったです。
内容としては、物語が終盤に向かうにつれ、のめりこんでで観ていましたが、最初はあまり入り込めなかったです。
これは素晴らしすぎる映像のせいかもしれないですが、途中途中に出てくる蛇やトカゲ、昆虫類が妙にリアルで直視できませんでした(>_<)
アーロ達みたいにもっとデフォルメしてくれればいいのに、動きとか気持ち悪くて鳥肌ものでした(>_<)
アーロ達以外はリアルさを追求したんでしょうね・・・。

家路に向かうまでに絆が生まれ、お互いを助け合うアーロとスポット。
様々な困難に向かいうち、それを乗り越えて芽生える友情と勇気が描かれています。
物語を通して、亡き父の言葉「怖さを乗り越えることで初めて見ることができる世界がある」(セリフうるおぼえです)が利いているように感じられて良かったです。
この言葉に物語のすべてが集約されている気がします。

終盤の感動シーンなど、ホロリと来る場面もありましたが、内容よりも映像にこだわった感がちょっと感じられたのと、私にとっては虫が怖すぎたせいもあって、オススメします!と断言は・・・。
(観た人にはわかりますが、ハーモニカのシーン恐ろしすぎじゃありません?私ずっと下向いてましたよ。)
怖さを乗り越えることがテーマなのに、私、怖さを乗り越えられなかったのね・・・

ただ、4歳の三女がラストシーンで
「ママ・・・、三女ちゃん涙出ちゃったよ・・・」とポロポロ涙を流している姿を見て、何か感じ取れるものがあったのかな?と連れてきてよかったな、と思いました。
小学生の娘たちは、泣いている妹を冷やかせるほど余裕がありましたが(;´∀`)
(一緒にいた母は泣いていました。)

この物語のメッセージは伝わりました。
願わくば、娘たちもアーロ達のように、恐れに負けず困難に立ち向かって、怖さを乗り越えた人だけが見ることのできる世界を見られる人間になってほしいな、という感想です。