3学期の給食が終わり、せっせとお弁当作りにいそしんでいると、娘たちが「パパのお弁当に入れといて!」とメモを持ってきました。
DSC_1365 - コピー
ウケる(笑)
そういえばホワイトデーのお返しがなかったのです。

うちの夫は結婚記念日も誕生日もなんにも覚えていません(;´∀`)
新婚当初は忘れられるとプンプン(笑)怒っていましたが、今となってはどうでもいい(笑)
当然ホワイトデーなんて、それって何?状態です。

ホワイトデー当日に「今日はホワイトデーだったんだよ。」と言ったら、
「あ!忘れてた!明日買ってくる!」と言っていたくせに、その翌日も忘れて、本日に至る。
マメな旦那さんをお持ちの方が羨ましい限りです~
記念日にサプライズ演出なんて憧れますよね~

夫への制裁(笑)をどうしようかな~と考えつつ、来年こそはどうしても忘れてほしくない場合はどうすればいいか考えてみました。
1 罪悪感を与える(笑)
まぁホントいうと、忘れられてもなんの悲しみもないですが、残念アピールをしまくる。
悲劇のヒロインになりきる!
2 恐怖を与える(笑)
「プレゼント忘れられちゃったから、自分で買っちゃった♡」と高価なものを買ったり、「記念日だから奮発しちゃった♡」と豪華な食事にしたりして、「来年こそは低予算で抑えなければ!」と意識させる。

なんて正攻法じゃないですが、インパクトがなくちゃ毎回忘れられちゃいますよね~

まぁ私の結論は、「覚えている方が勝手に祝っちゃえばいい」です!
もしくは事前に言っちゃう!
せっかくのイベントを怒って過ごすより、忘れられることは気にせずワイワイ過ごした方が楽しいと思います♪