うちの3女は、ポピーの幼児コースを受講しています。(その記事はこちら☆
ポピーはとっても楽しいのでお勧めですが、Z会も受講していたことがあるので、今回はZ会のことを書きます。

情操教育、知的好奇心を満たすにはZはお勧めです(*^-^*)

BlogPaint
 

長女と次女はz会の幼児通信教材「ぺあぜっと」を受講していました。

ですが、ほとんど手を付けず、教材だけたまって行く一方で一年ほどで退会しました。

これは教材が悪いわけではありません。

内容はすごーくいいです。これを続けてれば天才児になるんじゃないか?と思うほどです。

ただ私が親として未熟すぎてできませんでした。

通信教育教材は親が一緒にやることで意味を成すと思うのですが、私がぺあぜっとをやる時間と取れなかったことに問題がありました。

今、3女はポピーをやっていますが、ポピーは比較的簡単で、文字さえ読めれば私がいなくとも勝手に子供が進めていきます。たまにわからないことがあると、姉に聞いてすぐできます。

ワーママであることを言い訳にしてはいけませんが、

平日の限られた時間の中で、自分の手を止めて通信教材を一緒にやってあげることができませんでした。休日は前に書きましたが常にどこかに出かけているので・・・。

 

ぺあぜっとは親と一緒にやることが前提です。

たとえば、料理が出てきます。手を洗って野菜を切って煮て・・・など、一連の流れでご飯がどのようにできているかを学んでいきます。工作もただ切って貼るという単純なものではなく、理科の実験に近い形です。とにかく子供一人でできる内容ではないですね~。

 

私の理想の親子像には、一緒に触れ合って一緒に楽しんで、一緒に学んで成長して・・・とあり、それはZ会のぺあぜっとではできると思います。

もし習い事もなにもしてなくて家にいて時間があると感じているなら、Z会の通信教材を検討されてはいかがでしょうか?

Z会を端から端までしっかりとやれば、頭が柔らかく回転の早い子供になるんじゃないかな~と思います。

 

頭では分かっているのですが、忙しいを理由に怠けていました。

画像になるのは、長女次女がやらずにためたぺあぜっとです。平成25年発行でした。

捨てずにとっておいたので、頑張って時間を作って3女とやりたいと思います!