BlogPaint

小学校の授業参観日は年に何度かありますよね。
学校での様子を見られる数少ない機会なので欠かさず参加したいところですが、共働き家庭だとすべての授業参観に出られなこともあると思います。

でも、3学期の授業参観だけはどうしても外せません。

なぜなら、娘の通う小学校では、1年の集大成を披露する「学習発表会」になるからです。
学習発表会は普段の事業参観とは違い、子供たちは黒板に向かうのではなく保護者の方を見て、その学年で学んできたことを披露します。


運悪く、授業参観の日は私が担当している委員会の会議がありました。他の日だったらいくらでも融通がきくのにどうしても休めません。でも会議後、急いで向かえばギリギリで間に合うかもと期待していました。

長女の時の経験から、次女の学年では、自分史を作成し、親への感謝の言葉を発表するだろうことが分かっていました。

そんな時に、親が不在というのはどうしても避けたい。

終わらない会議。授業参観に間に合うのか!?

会議の最中も全く集中できず。「早く終われ~」と祈っていました。

「あと30分で終わりにしましょう」と言ったくせに1時間経過して、私もイライラ。

会議後も帰らない理事にイライラ。



授業参観の始まる時間の40分前に終わった会議。

どうあがいても始まりには間に合わない。

腹をくくって、私の両親に長女・次女それぞれに分かれて見に行ってほしいと電話しました。

出席番号順で発表するので次女の番はだいたい始業から20分以上後のはず。

間に合わなかったら、「廊下でちゃんと見てたよ」と言ってごまかすしかない。

いろんな思いがぐるぐる頭の中に巡って、泣きそうになりました。

最寄りの駅からタクシーに乗り込んで、必死に走ってやっと着いたのが終わる10分前でした。



まずは次女の教室まで急いで行きました。

自分史の発表は間に合いませんでしたが、子供たちが一人ずつコメントを言っている最中でした。

廊下にいる私に気づいた次女。次女の番には間に合いました!感謝!(T_T)



いつも美味しいご飯を作ってくれてありがとう。とくにシチューが美味しいよ。

いつもお仕事頑張ってくれてありがとう。

産んでくれてありがとう。

大好きだよ



うわ~ん(ToT)

うぅ、間に合ってよかった・・・。



次女の番が終ったので、すぐさま長女の教室へ。

残念ながら一通り終わった後でしたが、最後の歌だけは間に合ったようです。

廊下にいる私に気づいた長女が照れくさそうに笑っていました。


やっぱり探しているんですよね。

あとで、長女と次女には始めからいたことにして「見てたよ~。発表すごかったね~」と言いました。

子どもの言葉を支えにして、ママ頑張って働くよ~!

仕事ではいろいろ大変なこともつらいこともあるけれど、

何が一番つらいかと言えば、子供の側にいてあげられないことだと思います。

何のために働くかと言えば、家族のためです。なのに、仕事のせいで大事な家族を悲しませちゃうこともある。

家族も大事だけど仕事も必要で・・・。どうしたらいいかわからなくなってしまいました。



でも、

いつもお仕事頑張ってくれてありがとう

この言葉を信じて、頑張っていくしかないですね。
働き続けることが正解だと信じて頑張っていこうと思います。