「かいけつゾロリ」は今年30周年を迎えた児童書で、シリーズは2017年11月現在で62冊も出ています。
私も子供の頃によく読んでいたし娘たちも大好きなので、新シリーズが出ると必ず購入しています。
かいけつゾロリ フィギュア
画像はシリーズ61作目の「かいけつゾロリのかいていたんけん」とシリーズ62作目の「かいけつゾロリのちていたんけん」の初回限定特典のフィギアです。可愛い!
(61作目はゾロリと台座、62作目はイシシ&ノシシです。)

先日、30周年記念映画「かいけつゾロリZZ(ダブルゼット)のひみつ」を見てきました。
30周年にふさわしい、とっても素敵な映画でしたよ。
※ 少しネタバレがありますので、見たくない方はお戻りくださいm(__)m

かいけつゾロリZZのひみつ あらすじ

主人公ゾロリは、いたずらの王者になって可愛いお姫様と立派なお城に住むことを夢見るキツネ。
イシシノシシはゾロリの弟子の双子のイノシシ。

ゾロリが幼いころにパパは行方不明、ママは天国へ行ってしまいましたが、いつも前向きにいたずら修行の旅を続けています。

ある日、ゾロリとイシシとノシシの3人は朝一番にドーナツ屋に並ぶため、目覚まし時計をセットして寝ることに。
気が付くと異空間に吸い込まれ、なんと過去にタイムスリップしてしまいました。
そこで出会った若き日のママ「ゾロリーヌ」

怪獣に襲われたゾロリーヌを救うため、ゾロリはゾロリーヌの先輩「ロン」と共に奮闘する・・・。

かいけつゾロリZZのひみつ 感想

登場人物の憎めないキャラクターが魅力のかいけつゾロリ。
危機が訪れても、ゾロリの機転とイシシ&ノシシのおならで大抵の問題が解決しちゃうところがお決まりのパターンです。
でも「またか」と思わず、むしろブレてないところがまた魅力だと思います。

今回もイシシ&ノシシのおならには助けられてクスっと笑いながら「めでたしめでたし」で終わるのかな~と思っていましたが・・・、
・・・泣きました。
号泣です。


今回のお話は、過去にタイムスリップしています。
若き日のママに出会い、
ママの想いに触れ涙。ゾロリのママへの想いにまた涙。

また、ゾロリシリーズ30年の歴史で謎だった、ゾロリ誕生のひみつ、ゾロリのコスチュームに刻まれたZZの意味、行方不明のパパのことのすべてが分かった気がしました。
点と点が繋がった感覚。30周年にふさわしい作品だなって思いました。

シリーズ本の中ではよく死んだママを思い出しては涙していたゾロリ。
だから大好きなママに会えてつい口に出たゾロリの願いに涙が出ました。

ゾロリには幼いころの思い出しかないけれど、ママがゾロリを大切に育ててきたのもわかったし、「ロン先輩」の何気ない言葉がゾロリの支えになるであろうことも感動した。

子どもだけじゃなく、大人も楽しめるとても素敵な映画でした(^^)
かいけつゾロリ 映画特典
入場者プレゼントは冊子「かいけつゾロリのなぞのファミリーヒストリー」。
中学生以下の有料のこどもが対象です。
この冊子も映画やシリーズ本に連動してて面白かったです(^^)

かいけつゾロリのちていたんけん かいけつゾロリシリーズ62 (ポプラ社の新・小さな童話) [ 原 ゆたか ]

価格:972円
(2017/12/12 19:25時点)

かいけつゾロリのかいていたんけん/原ゆたか【1000円以上送料無料】

価格:972円
(2017/12/12 19:27時点)