年長の3女は家庭学習教材のポピーを受講しています。

ポピーで親向けの診断サービスがあったので受けてみました。
「親子のほどよい距離感チェック」
ポピー
30の質問の答えて診断されます。
ハガキに質問の答え(番号)を書いて投函します。
6月の頭に投函し、約2カ月経って診断結果が来ました。

さて診断結果ですが・・・、
ポピー3
学びをサポートする力、めっちゃ低い(;^_^Aわわわ

〇は応募した人の平均値、★が自分。
会話を引き出す力・・・ちょい低い
育ちを見守る力・・・ちょい高い

これを見るに、私がいかに放任かがわかりました。あちゃ~

そうなんですよね、ポピーは子供が自らサクサク出来る教材なので、全然サポートしてなかったな・・・反省です。
「ワーママだから」「忙しいから」などと言い訳して子ども任せにし過ぎていたかもしれません。
前のポピー記事にも自分でやってくれて助かるって書いてる、私。 
 (過去記事)⇒ 共働きの我が家にはポピーが合う!

むむむ。
家庭学習は、勉強面だけでなく、一緒に読んで学んで感じて楽しむことも大事ですよね。
うむ。頑張る!

そんな放任な私に的確で優しいアドバイスが(泣)
ポピー2
ありがとう。
改めて子供との関わりあいを見直すことができました。
昨日よりもっといいお母さんになれそうです。

ポピーは親向けの教育相談サービスもあるし子供だけじゃなく親にもありがたい存在だな、と思いました。
よし!子どもとの関わりあい、もっと密にするぞ!


家庭学習教材【月刊ポピー】→今なら無料見本プレゼント!