保険の見直しをしました。
家族5人分の保険料を毎月7万強支払っていて、高いなと感じていたのと、支払いがキツイなと思っていたからです。

改めて自分の保険を確認し、重複や過剰な保険を発見しました。
また、同じ補償内容でも保険会社によって保険料が違うことを学びました。
それら諸問題を解決することにより、月々3万円台にまで下げることができました。

大幅に保険料を下げたことで、その分補償内容も下がっている部分があります。でも現時点での必要なものを算出してのことなので納得しています。

保険を見直すにあたり、無料の保険相談を2社使い、自分でも本で勉強しました。
(参考)⇒「書けばわかる!わが家にピッタリな保険の選び方」がわかりやすい!

さて、見直しによって保険会社も変えました。
今までは1つの生命保険会社で死亡保障、がん保険、医療保険、介護etcのすべてを賄えるものに入っていましたが、そちらは解約し、がん保険はA社、医療保険はB社というように得手不得手を見極めてバラバラで加入することにしました。

トータルでお世話になっていたところとは10年以上のお付き合いでしたが、あっけなく縁が切れました(笑)
最初は保険のセールスのおばちゃんの引き留めに怯え、連絡を取るのを躊躇していました。
おばちゃんに言うのが嫌でコールセンターに問い合わせたら、おばちゃんを通ることなく書類で手続きは終了。ほっ。

解約したことにより、解約払戻金も受け取りました。
解約の書類を返送してからわずか1週間で解約払戻金が振り込まれ、そのスピードに驚きました。
生命保険 返金
(夫と私の2人分なので、解約払戻金の通知は2通きました。)

さて、その解約払戻金ですが、2人分でなんと200万円!!
思っていたより多くてびっくりです。
生命保険 返金2
(合算で振り込まれた。)

解約の決め手。解約にあたり最後まで悩んだこと。

結果として、こちらの保険会社の保険はすべて解約しました。
でも最後まで解約すべきかどうか悩みました。

いわゆるお宝保険の解約。
利率が高く、貯蓄性に優れているものです。
がん保険はA社、医療保険はB社と選びましたが、契約中の死亡保険だけは貯蓄性もあり利率が良かったのでこのまま残しておいてもいいのでは?と考えました。
実際、保険相談でも勧められました。

でも、その分保険料が毎月1万円以上余計にかかる。
それだけ残してほかは解約すると言いにくい・・・(そんなこと気にするべきじゃないけど。)
という気持ちがぐるぐる・・・。

でも最後の決め手は、
将来の300万よりも、今の若い時の200万の方がずっと価値があるのでは?と思ったこと。

確かに将来、葬式代300万おりれば助かるだろうけど、今が子ども達にお金のかかる時期であり、お金をかけたい時期。
将来まで固定されてしまう300万より、自由のきく200万がいいかな?
「いつか」のためより、「今」必要かな、と思ったから。

葬式代はこれから何十年かけて少しずつ貯めとくよ。
日々の貯金の方がきっともっと大事だから。

そんな思いで、えいや~!な勢いで全部解約しちゃいました!ドキドキ。いやきっと大丈夫!

そ・し・て、解約払戻金200万円~♡(*´▽`*)ワーイ
しっかり貯めときます!