長女と次女はそれぞれ、5年生と4年生に進級しました。
3月31日をもって4年間(次女は3年間)お世話になった学童保育所を退所しました。


今年度、娘の学童では4年生以上は入所の希望を出しても軒並み落選。
昨年は4年生以上でも預かってもらえたんですが今年度からはさらに条件が厳しくなったそうで、申請した次女のお友達みな落選しました。
 (過去記事)⇒ 「小4の壁」はなくなった?学童に入所できないことも。


わが家は「どうせ入れないだろう。」と思っていたので申請すらしませんでした。
結果が分かるのが3月中旬だったのでお友達みんなてんやわんや。
昨年と同じ条件だと思い、入れるつもりでいた人はびっくり仰天です。
4月からの預け先確保の情報交換メールがじゃんじゃん来ました。

保育園の待機児童も大問題ですが、小学生も大変です。
電車通学のお友達は、しばらく親が仕事を早退するなどして対応するそうです。
わが家はしばらくお留守番対応です。
サクラ

4年間のありがとう!

学童ではいろんなことがありました。
娘の学童は定員を超えた100人以上が在籍していて、狭い部屋にたくさんの子ども達がいたので距離も近く子供同士のトラブルも多かった気がします。
晴れの日ならまだしも、雨の日なんて部屋から出れずギューギューで大変だったんだろうな~。
先生はいつも怒っているイメージ。大変だったことと思います。

そういえばトイレの数も少なく大行列ができると言ってたな~。
騒ぐと連帯責任で外遊び禁止になったり・・・。

環境が整っていなかったからなのか、「やめたい」と言い出す子が多く、実際に年度途中で退所する子も多かった。
親も子供からの話を聞いて先生に物申していたので、先生VS保護者の構図になってしまったこともありました。
 (過去記事)⇒ 学童トラブル発生。モンペにならないために気をつけること。

学童の役員もしました。
面倒なことも多かったけど、知らないお母さん方と知り合えてプラスになったことも多かった。
また、子どもがどんな環境に置かれているかを実際に確認できるのは役員のメリットかと思います。
 (過去記事)⇒ 学童の会計役しました!

夏休みなどの長期休みに預かってくれるところがあるのはとても助かります。
お陰で安心して仕事に行けました。

今年一年はお休みですが、来年、新一年生になる末っ子がまたお世話になる予定です。
今度は役員においてももっと効率よく向き合えるだろうし、低学年の子供の居場所が確保される安心もあるし、不安なし!

4年間ほんとお世話になりました!学童保育所には感謝いっぱいです。