朝日
昨年は私にとってふるさと納税デビューの年でした。
返礼品がいただけるところを選び、控除も受けられてその上返礼品が貰えて「わ~、お得~♪」と思っていました。
返礼品選びも楽しかった。

でももう、返礼品目的で寄付するのはやめます!

先日、たまたま父にふるさと納税の話をしたところ、父から
「なぜその自治体を選んだの?その自治体の何に共感し、何を応援したいの?」
と聞かれ、言葉に詰まってしまいました。

「えっと・・・、お肉貰えるしお得じゃん?」

父は「ふ~ん」とだけ。
父はそれ以上のことは何も言いませんでしたが、地方自治体の役所勤めをしていたからかふるさと納税の在り方に思うところがあるようでした。

父とのことが少しひっかかりましたが、私としては返礼品や控除は家計にも助かるし、寄付された自治体も事業に役立てられるし一石二鳥だと思い2017年も続けようと思いました。

でも最近、自分の居住地の税金がふるさと納税の影響もあり何億円規模の減収というニュースを見て、ちょっと心配になってしまったんです。うちの自治体大丈夫かな?と。

また、子どもの医療費が助成される乳幼児医療証が自治体によって対象範囲がさまざまなことを知りました。(これ以外にも自治体によって違うものはたくさんありますね。)
私は子供が3人いて、病院にもよくかかっていて乳幼児医療証にはすごく助けられています。
で、どうやらうちの自治体は助成対象期間が長いようです。
あ~、なんかうちの自治体、結構頑張ってくれているな、私すごく恩恵を受けているな、と思って、制度が維持できるように税金を納めていきたいなと思ったのです。

ふるさと納税は寄付だから、寄付は寄付ですればいい。
応援したい団体、自治体があればふるさと納税に限らず自分のできる範囲で寄付をしていけばいいなと思ったのです。

もう返礼品目的でのふるさと納税はやめます。
もちろん、返礼品があることで地域の特産を知れて、気に入ればさらに購入したり旅行先にしたりと発展につながるだろうから否定しているわけじゃありませんよ~!あくまで、「私は」です☆