私は結婚と同時に夫の実家で住むことになりました。
なので「マイホームを建てる!」という話題には無縁の世界にいますが、自分だったらどんな家を建てるかの妄想はよくします。

妄想大好き。
妄想するネタ第1位は「もしも宝くじが当たったら。」です(笑)

単に私の妄想の世界なので読み進めてもヒントになることはないかもしれませんがあしからずm(__)m

もしも私が転勤妻だったら

姉から4月から旦那さんの転勤が決まったと連絡を受けました。
4月から姉の子は年長さんなので1年間は旦那さんに片道1時間ちょいの通勤を頑張ってもらい、小学校に上がるタイミングで職場近くに引っ越すかまたはそのままかを考える、とのお話。

ふむふむ。私だったらどうするかな?
姉としては多分通える距離だからその選択なんだろうけど、私だったら引っ越すなら早い方がいいなと思いました。
なぜなら右も左もわからないところだし、入学と引っ越しが重なるよりは1年間その土地にも慣れておいた方が自分達に負担がないかなと思うから。
子供は順応性が髙いとは思いますがね。

私はお友達と離したくないという思いが強く子どもを学区外通学させてしまった後悔があるので余計に早めに地域の小学校の状況を知りたいというのもあるかな。
 ⇒その時の記事☆学区外通学の後悔
人それぞれ思いも違うので考えを押し付けるつもりはありません。姉家族に幸あれ!

それでは本題。

もしも私が家を建てたなら~

もしも私が家を建てたなら。(この歌知っている人がいたら同年代かな♪)

家族構成や年齢などによって生活スタイルも変わってくるので子供が独立するまでは賃貸でいいなと思っていました。その後夫婦2人になったら小さな平屋に住みたい。
部屋数はリビングと寝る部屋、たまに子供が泊まりに来てもいいように客間が1つあればいい。
そして年を取ると電球をかえるのも大変だろうから天井は低く。

そんな夢の話。 ※あくまで私には無縁の話なので妄想です。

そして娘たちに望むこと。

自分の子どもには自分ができないことをさせたい親心。
もちろん単なる思いだけで強制するつもりもなければ、本人が幸せだと思えれば一番だと思っています。

ただ私は家事ができない、料理もできない、子どもと触れ合う時間が少ないので、娘には料理ができて家事も上手にこなせる人になって欲しいと思っています。なんていうか生活力の高い人ってことです。

先日とても素敵な雑貨屋さんに行きました。
そこの雑貨屋さんの営業形態がすごく魅力的に映りました。
娘たちも将来こんな仕事ができればいいな、と思って妄想ばかり広がっていきます。

その雑貨屋さんはハンドメイドのものを取り扱っていて、いろんな作家さんの作品を委託販売しています。
営業時間は平日の12時とか15時までとか。それも毎日開いていません。
店主さんのお子さんが幼稚園や小学校に行っている間だけ開いているお店です。後はネット販売。

置いてある商品はすべてハンドメイド作品でアクセサリーもあれば洋服もある。
子供用の商品が特に豊富でした。
学校で使う手提げ袋や体操服袋や定規入れ、鍵盤ハーモニカ入れ、マスク等々。
市販のものとは違い、地域の小学校の規格サイズでできているので短時間での営業であっても必要な人がこぞって買いに来ます。

驚いたのがスタンプ。
単なるスタンプかと思ったら商品名が「音読スタンプ」とは!
音読とは小学校の宿題ででる教科書などの本読みです。それを親がチェックして〇とかサインをつけて提出するもの。
なるほど、これは小学生を持つ親だから思いつくアイディアだわ。

店主は店番しながら編み物して売り物を作っていました。

私が購入したのはキーケースです。
キーケース
新学期からかぎっ子になる予定の娘たちに購入しました。
ランドセルの中の小さなポケットに鍵をつける場所がありますが、わざわさランドセルを開けて鍵を取り出すのも一苦労です。
キーケース3
ランドセルの肩ベルトにあるDカンにフックを引っかけてさらに肩ベルトに巻き付けマジックテープで留める2重ロックになっています。
キーケース2
チャックの中にはリール紐。鍵を収納できます。便利だわ~。
母の知恵って感じ。

この職業最高じゃん!
ハンドメイド作品を作るのが趣味でも、たくさん作り過ぎても使いきれないだろうから売ってお金にする。
小学校の横に店を構えたらすごく重宝されると思う!

これを見ていて娘たちにはお裁縫ができるようになって欲しいなと思いました。

家の話に戻すと、
平屋の家の一角は店舗&作業場で、
子供がいない間だけ営業して少し稼いで、子どもが帰ってきたらお母さん業してって生活、憧れる。
娘たちがそんな生活できたらいいな、と勝手に妄想。
そもそも結婚する気もなければ子供も産まないかもしれませんがね。バリバリのキャリアウーマン目指すかもしれないしね。あくまで妄想。私の憧れなだけ。

というわけでどっちにしろ、とりあえず料理と裁縫はできて損はしないし、できたらいいなと思っているのでどんどん経験させたいと思っています。

(つか私自身、料理がんばれ・・・)