カンドゥーは、職業体験のできるテーマパークです。
チケット購入と入場の注意点については前回の記事【カンドゥー体験記その①】をご覧ください。

今回はアクティビティの予約について書きます!

受付を済ませたら、入場ゲート前でオープンを待ちます。(ここまで体験記その①で説明してます。)
受付で、カンドゥー市民カードを貰います。
P1000973 - コピー

カンドゥー市民カードとは

カンドゥー市民カードは、アクティビティの予約や、カッチンの入出金に使うカードです。
アクティビティの履歴やカッチンの貯金データが記録されます。
子供は1人1枚で個人の持ち物となり、2回目以降は持参します。
大人は退場時に返却します。
データが蓄積されるから、子どものおもちゃだと思って軽く考えないで、捨てたりなくさないようにしましょう。

カッチンとは

カッチンとはカンドゥー内で使えるお金です。
職業体験で貰え、または体験内容によっては支払いに使います。
貯まったらカンドゥー銀行で貯金することもできます。
また、カッチンショップでのお買い物に使えます。
キッザニアでいう「キッゾ」みたいなものですね。
P1010130 - コピー
娘たちは、稼いだカッチンで、カッチンショップで買い物をしました。
3女は5万カッチンの指輪を。
長女と次女は、5万カッチンずつ出し合って、計10万カッチンで画像の天使の穴あけ器を買いました。
「お金足りない。」とかわーわー言いながら、計算して買い物してました。
自分で稼いだお金で買うというのが金銭教育にもなっていいのかな(*^-^*)

アクティビティの予約

アクティビティの予約は、体験したいアクティビティへ行き、入り口にある予約機で行います。
予約機の画面から、好きな時間をタッチして予約します。
キッザニアは時間の指定ができないので、キッザニアのイメージを持っていた私は好きな時間を選べることに驚きました。
スクロールすると、後の時間も見れますよ。
BlogPaint
この予約機が嬉しいところは、各回の予約状況がわかるところ。
キッザニアは、係の人がメモしながら予約していくので、いちいち係に聞かないと空き状況がわからないんですよね。
その点カンドゥーの予約方法は画期的です♪
(キッザニアにはキッザニアの魅力もありますからね!)

好きな体験時間を選んだら、カードリーダーにカンドゥー市民カードを読み取らせて予約が完了です。
すると、予約票が出てきます。
BlogPaint
予約票には集合時間が書かれています。
それまでの間、時間があれば次のアクティビティの予約機に向かい、予約機の前で待機しましょう。

次の予約が取れるのが、この日は10分後でした。
キッザニアは予約したアクティビティの体験が終了した後でないと次の予約はできません。(予約なしでの体験はできる。)
それに比べ、カンドゥーは、終了していなくても次の予約が取れる。感動!

ただ私の場合、1つ目は、9:52分に10時開始のアクティビティを予約し、次の予約可能時間が10:02。
すでに10:00の回が始まっていたので、1つ目が終わるまでは2つ目が予約できませんでしたがね。
※子どもが体験中、大人が代わりに予約することはできません。

人気のアクティビティは早めの予約を。

P1000982 - コピー
これはキッザニアと同じく、人気のアクティビティは早い段階で予約いっぱいになります。
やりたいアクティビティの優先順位を事前に考えておくといいですね。
この日のアイスクリームショップは、画像を見る限り11:19には予約終了していますね。でもきっと私が行った時間よりずっと早い段階で終了になっていたんでしょう。

P1010009 - コピー
予約はアクティビティ前の予約機で取りますが、わざわざ行かなくても、各所にある予約確認機で各アクティビティの空き状況を見ることができます。
一覧で見ることができるので時間のロスも少ない。ありがたいサービスですね。

体験記その①で、カンドゥーの感想は「楽!」と書きましたが、アクティビティーの予約についてもキッザニアに比べ楽でした。ハイテクで楽だわ~。

次回、体験したアクティビティについて書きたいと思います☆