小学校の振替休日だった平日にカンドゥーに行ってきました。
初めて行きましたが、「カンドゥーって楽だわ~。」って感想です。

帰ってからもずっと「カンドゥー楽だわ~、カンドゥー楽だわ~。」って言ってます。
会う人会う人に「カンドゥー楽だわ~。」って言ってます。(笑)
何が楽かというと、親が楽です。へへへ。
BlogPaint

カンドゥーってどんなところ?

カンドゥーは千葉県千葉市にあるイオンモール幕張新都心にある職業体験のできるテーマパークです。
職業体験といえば、キッザニアがありますね。
職業体験ができるという点ではキッザニアに似ていますが、大人も体験できるアクティビティーがあったり、レストラン席が用意されていたりと嬉しい特徴もいっぱいです。

カンドゥーとキッザニアの両方行かれた方は「カンドゥーの方が小さい子向け」という印象を持つようですが、私も同じくそう思います。

小さい子向けというのは、アクティビティーだけでなく、上の兄弟がアクティビティーをやっている間、下の兄弟が待っているのも待ちやすい。というのも含まれているかな。

私はキッザニア東京には5.6回行ったことがありますが、キッザニアに比べてカンドゥーは楽。(そればっか。)
今回は、キッザニア東京との比較を入れつつ、予約から入場までの体験談を書きます!
P1000918 - コピー
カンドゥーの営業時間は、第一部が10:00~14:30第2部が15:30~20:00で、それぞれ4時間30分です。
私は第一部に入場しましたので、第一部の話になります。

カンドゥーはチケット購入が命!

まずは行きたい日が決まったらチケットを購入します。
カンドゥーはチケット購入が大事。
早く購入することさえできればいい。と言っても過言ではない。

電話やエントランス、コンビニでも購入できますが、できればカンドゥー公式サイトのインターネット予約、webチケットがいいでしょう。
今日現在(28.12.20)、webチケット購入者が優先的に入場できます。
webチケット購入者(A~I)、コンビニ(J)、エントランスまたは電話(P)とグループ分けされるようです。
※アルファベットについては後述

コールセンターに確認したところ、毎月10日の昼の12時頃に発売カレンダーが更新され、翌々月末までの購入ができるようになるとのこと。
(前はもっと遅かったそうなので、今後も発売日時が変更になることも考えられます。要確認)
「12時ぴったりじゃなくて、12時頃なんですか?」と聞いたら、「そうです。」とのこと。
12時ちょっと前からスタンバイが必要ですね。
例)1月10日12:00頃に、3月末までのチケットが買えるようになる。
BlogPaint
キッザニアのチケット購入は、チケットの確保だけなので当日なるべく早く行く必要がありますが、カンドゥーはチケット購入順の入場になるので、発売日に早くチケットをゲットできれば集合時間に間に合うようにいけばいいのです。

Aグループから順にBグループ、Cグループ・・・と受付します。
上述のwebチケット購入者(A~I)というのは、AグループからIグループということで、webチケット購入者から順に受付ができるということです。

集合時間もグループごとに異なります。
例えば第1部では、AとBグループは9:15集合。CとDグループは9:20集合、EFGは9:30となっています。
なるべくAグループになれるよう、販売日になったらすぐチケットを購入しましょう。
ちなみに私は、この日、A018で、18組目ということ。
後ろにも何組書いたので、1グループ25組前後と予想しています。

というわけで、とにかく人気のアクテビティ―を確実に体験するためには、チケット購入はwebで早くした方がいいです。

入場について

「カンドゥーは楽だわ~。」と感じた1つが入場について。
前述もしましたが、カンドゥーは集合時間が決まっているのでその時間に行けばいいのです。
キッザニア東京は、人気アクティビティを体験するためには入場時間の何時間も前から並ぶのが当たり前の世界ですが、カンドゥーは並ぶ必要がありません。
BlogPaint
集合時間に行くと、何となく列は出来ていますが、受付するために呼ばれるのは購入順なので、自分のグループの看板近くにいればOK。
でも、集合時間には遅れないようにしましょう。遅れると、入場が後回しにされちゃいますよ。

集合時間の少し前には到着しておきましょう。
ちょうど、カンドゥーの向かいにトイレがあるので、トイレでも行って待っていたらちょうどいいかもしれませんね。
BlogPaint
時間になると、A001の人から順に呼ばれ、受付を済ませます。

受付ではあれこれ質問せずにさっさと済ませるといいでしょう。
受付は5か所くらいあったので、早く済ませれば購入番号よりも早く入場できるかもしれません。
逆に後の人に抜かされることもあり得ます。
例えば、受付が5か所あったとして、A001からA005の人が同時に受付をして、A002の人が一番に受付を済ませ入場ゲートまで進んだら、一番に入場できるということです。
私は受付でもたもたしないように、予約時のスマホ画面(QRコード)を出しておきました。
BlogPaint
受付が済んだら、入場ゲートの前で並び、開店まで待ちます。
P1000929 - コピー
スクリーンが2つあり、待っている間アクティビティーの予約方法などの説明が流れました。
初めてだったので、すごく助かりました。親切♪
BlogPaint
それから、数か所のアクティビティーの担当者が、自分のところのアクティビティーの魅力を伝えてくれました。
P1000927 - コピーP1000926 - コピー
更には、カンドゥーではレストラン席が用意されていて、自分の席の場所のカードが配られます。
という感じで、待っている間もヒマに感じることはありませんでした。

第1部開始10時になり、いざ入場。
まずは目当てのアクティビティーの予約を取ります。

アクティビティーについては、また次回に書きたいと思います!