子供の歯列矯正を改めて始めて約1年半が経過しました。

1件目で始めた歯列矯正は、ちょっと思うところがあり半年ほどで通うのをやめました。
医師の腕が悪いとか、矯正器具が悪いとかそういうことではありません。
娘には合わない気がしたのでやめました。
その時の話はこちらに書いています。⇒歯列矯正の失敗談その1その2その3

2件目の矯正開始は1件目に通わなくなってから半年過ぎたころ。
この半年間でいろいろ調べて、いろんな口コミを見て、友人からもいろいろ話を聞いた。
前回の教訓で、「次は絶対に矯正専門の歯医者に行こう。」と思っていて、2件の専門(といわれる)クリニックへ相談に行きました。
ところが2件の専門クリニックも提案することが全然違くて「一体どうすればいいんだろう・・・。」と考えてしまいました。

いろんな情報が頭の中でグルグルしちゃってパニック状態。
更にどんどん歪んで伸びてくる歯に「早くしないと!」と焦るばかり。

結局決めた2件目の矯正医院は
自宅から近くて通いやすく、
友人が通っていてなんとなく心強くて、
一般歯科(週に1度矯正専門の先生が来る。)
の前回の教訓をまったく生かしていない歯医者さんです・・・。
18 - コピー - コピー
最近すごく思うのは、「歯だけきれいになればいいの?」ということ。

私、高校生の時にカラオケで熱唱して顎がはずれたことがあるんです。(^^;)
それからずっと顎がガクガクいってて、長時間ものを食べられないのです。
例えばカツ丼も最後の2切れくらいになったところで口が開かなくなる。
大体指1本分くらいしか開かなくなるから、おでんの大根のような大きなものは食べられなくなるのです。(しばらくすれば治る。)
歯医者でちらっと聞いてみたけど、治らないと言われてて、顎って大事だなと思っています。

で今、娘が矯正をして歯がきれいに並んできたけど、最近下あごが出てきた気がしてならない。
歯は並んだけど、今まで出ていなかったのにここにきてなぜ急に下あごが?もしや矯正のせいで?と思っちゃいます。
やっぱり顎から歯にかけて、顔全体のバランスを見てくれるところがいいな、と思っています。そのためには歯だけじゃなく全体を見る精密検査が必要だし・・・。

自分が前回の教訓を無視しておいてなんですが、2件通ったからあえて言う!
自宅から通いにくくたっていいよ、治れば。
友人が通ってなくてもいいよ、治れば。
高くたっていいじゃない、治れば。
矯正の知識があるか、設備・精密検査の内容(レントゲン?CT?)や、扱っている矯正機器の種類等々をチェックして決めるべき。
認定医・専門医も検討・判断材料に。
 参考⇒ 公益社団法人 日本臨床矯正歯科医会
 参考⇒ 公益社団法人 日本矯正歯科学会
セカンドオピニオンは大事。

次は、歯科矯正を始めてのビフォーアフター編を書きます!