以前、朝活によって感じたメリットについて書きました。⇒ 朝活で得られた5つのメリット

私にとって朝活は、家族が寝ている間ゆっくりと好きなことができる時間でした。
でもしばらくの間、朝活はやめることにしました。
なぜなら急に寒くなり起きるのがしんどくなってきたから・・・。

頑張って早く起きても体が縮こまって思うように動けない。
必要最低限のことだけするのに精いっぱいで、せっかく早く起きてもやりたいことができなくなりました。
どうせできないなら、もっと寝ていたいと思うようになりました。
P1000735 - コピー
私が感じていた朝活のメリットは5つ。①心にゆとりができたこと。②睡眠時間の確保ができるようになったこと。③朝食の準備に余裕ができたこと。④掃除の時間の確保ができるようになったこと。⑤子供と向き合う時間が確保できたことでした。

朝活をしなくなって今後これらのメリットが感じられなくなるのは困ります。
それならば、朝遅く起きても焦らないで済む仕組みづくりをしようと考えました。

朝やっていたことを他の時間でしなければならない。
仕事で昼間はできないから夜しかない。
でも夜遅くまで起きていると翌日に響く。
う~ん、うまいこと時間を捻出できないぞ。

それならば夜の30分だけを自分の時間にしようと思いました。
1時間も2時間も時間を取ってしまうと寝る時間が遅くなるので30分だけ。
その30分だけ全力で朝活でしていたことをしようと思いました。

まずは、
朝食の下ごしらえ(10分から15分)
 1、野菜を切っておく。
 2、お肉などに下味をつけておく。
 3、翌朝炊き上がるように炊飯器をセット
 4、調理器具を洗ってしまう
これをしておけば、翌朝の調理時間がグッと短くなります。

翌日の準備(10分)
 1、翌日着る服を出しておく。
 2、今日干した洗濯物をたたんでしまう。
 3、翌朝洗いあがるように洗濯機をセット
 4、連絡帳のチェック
服を準備しておけば、子供が勝手に着替えてくれ、その間に自分は違うことができます。

ちょこっと掃除(5分)
 1、テーブルの上をリセット
 2、おもちゃなどをかたす。
 3、埃をふき取る。
寝る前に子供と一緒に片付けをします。使ったを物を元の位置に戻したり、ゴミを拾ったりして翌朝を気持ちよく迎えられるようにします。
断捨離の真っ只中の我が家にはこれでもか!ってくらいものがいっぱい。油断するとすぐグチャグチャになっちゃうので一日の終わりにリセットします。

制限時間を決めてメリハリを

私はキッチンタイマーのアラームを使っています。
アラームが鳴ったらそこで終了。
時間を制限し、ダラダラと「あと少しだから最後までやってしまおう。」と続けてしまわないようにします。

家事ってやり出したらキリがなく、いくらでもやるべきことが出てきちゃうので30分経ったらそこで切り上げて、睡眠に影響が出ないようにしています。
30分しかないと思うと、すごく集中してできるのでかえって効率が良くなった気もします(*^-^*)

私はこの冬は朝活ではなく、ちょこっとの時間集中して頑張る「ちょこ活」で乗り切りたいと思います!!