年中さんの3女の乳歯が抜けました!
早い~!!
乳歯の生え変わりは6歳ごろから始まるのが一般的だそうですが、我が子は5歳1ヶ月で最初の歯が抜けました。
長女・次女とも5歳で抜けているので我が家の娘たちは成長が早いのかしら・・・。
P1000705 - コピー
下の右前歯が抜けましたが、隣の前歯もグラグラしているのでじきに抜けそうです。
永久歯が生え始めています!

抜けた乳歯は保管しています。

私の子供の頃は、丈夫でしっかりとした永久歯が生えるように願って、上の歯が抜けたら縁の下に、下の歯が抜けたら屋根に投げていました。
でもいざ親になってみると、可愛い可愛い乳歯ちゃんを手放せない~!(ミニマニストには絶対なれない予感。汗)

うちでは抜けた歯は乳歯ケースに保存しています。

3女の乳歯ケースはこちらです。
P1000696 - コピー
パルシステムで買いました。(私は食材だけでなくパルシステムで日用品から雑貨からいろいろ買ってます。)
桐でできてて防湿性に優れているので保管に最適♪
中はこんな感じです。
P1000697 - コピー
P1000701 - コピー
凹み部分に1本ずつ保管します。
付属のシートに抜けた日を記録できるようになっています。

長女と次女は別のものを使っています。
P1000719 - コピーP1000720 - コピー
こちらも一本ずつ保管できるようになっています。

乳歯ケースを選ぶにあたり

長女の乳歯が抜ける少し前に私は乳歯ケースを用意しました。年子の次女もすぐ使うだろうと2人分。
乳歯ケースはいろんなタイプがあり、全部の歯を保管するものや、数本保管するもの、名入れできるもの、素材も様々。

私は全部の歯を保管できるのもを買いましたが、少しだけ後悔しています。
なぜなら、抜けた歯をなくしちゃったから~(´;ω;`)ウゥゥ

歯が抜けるタイミングって、家とは限りません。
学校だったり、出先だったり・・・。
いつの間にか抜けてて子供に「歯は?」なんて聞いても「覚えてない。」と返されることも。

学校や保育園で抜けると、先生がティッシュやアルミホイルに包んで持ち帰らせてくれました。
すぐしまわないと、ゴミと間違えちゃったり・・ねぇ?
すでに長女と次女のケースには数本空きがあります(^▽^;)

どうせ揃わないなら、数本保存タイプでよかったかな~とも思います。
こんな感じの↓

乳歯ケース 名入れ 名前入り プレゼント 名入り ギフト 【 乳歯ケース ティースキューブ 】 乳歯入れ キッズ・ベビー・マタニティ 出産祝い・内祝い・ギフト メモリアル・記念品 乳歯 ケース 桐 桐箱 名前 ケース 男の子 女の子 誕生日 ベビー 誕生記念品 【楽ギフ_名入れ】


でもへその緒もそうだけど、将来娘たちに渡しても「いらない」と言われそうだから、買い替えずにそのままいきます!

歯の保管方法

抜けた歯は汚れが付いているので、消毒液などで綺麗にし、付着した血を落として乾燥して保存します。

ですが、私は抜けたまんま保管しています。
なぜなら私が出産した時にさい帯血保存のパンフレットを貰ってすごく気になっていたから。結果、民間バンクの費用が高いので無理でしたが。
さい帯血は胎盤とへその緒の中の血液で、再生医療に役立つとされていて、将来例えば白血病などになった時の治療に使えるとされてます。もしもの時のために、ですね。(詳しくはこちら★)

それと同じ考えで、歯も将来何かの病気になった時に使えるんじゃないか?と思ってそのまま取っています。
でも実際は保管環境も悪いし、不衛生だし、利用価値ないようですが。
(いやわかっているんですが、もっと技術が進んだら使えるかもしれないじゃない?泣)

自然に抜くのではなく、歯医者さんで抜いてもらって保存するには、【歯髄細胞バンク】があります。

今はそんなに変色もしていませんが、菌が繁殖して汚くなるみたいだから、やっぱり洗って保管するかな・・・。