「いつかやろう。」と思って後回しにした結果、こうなりました。
P1000549 - コピー
上履き、ひーふーみー、23足。
16cmから、21.5cmまでありました。
って、何年分だ!?
私のダメ人間っぷりが露呈してしまったわ・・・。

ですが、
このたび無事に処分いたしました!

わからなかったので後回しにしてしまった。

別に上履き集めが趣味なわけじゃないです(>_<)
ただ捨てられなかったのです。
なぜなら名前が書いてあったから。

私は手紙などのあて名は全部シュレッダーにかけています。
でも上履きはそうもいきません。
「あとで油性マジックで書いた上履きの名前の消し方を調べよう。」と思って、よけておき早5年。いやもっと??

わからなかったからすぐ処理せずに後回しにしてしまいました。

大変だからと後回しにしてしまった。

BlogPaint
スピーカーを捨てました。
10年以上ロフトで眠っていたものです。
ずっと捨てたい気持ちはありましたが、「重くて大変だから。」とロフトから降ろせず後回しにしてしまいました。

だけどようやく「いつかやろう」の「いつか」がやってきました。(遅すぎ。)
家のものの処分をしはじめたことで、「すっきりした空間こそ快適なんだ。」と気づき、ようやく嫌なこと、わからないことから目を背けるのをやめることができました。

「いつやるか。」の具体的な日を決めた。

いつかやろうではなく、「〇月〇日に処分しよう。」と具体的な日を決めました。
期限を決めたことで、やらざるを得なくなりました。

上履きを捨てるために、「油性マジック、消す、布」などで検索しました。
すると、除光液が有効と書かれていたので、試してみました。

無印良品の除光液です。
P1000542 - コピーP1000543 - コピー
小分けされているので、必要な時に必要な分だけ使えて便利ですよ。

私はマニキュアを塗らないし、ボトルに入った除光液だと一度使ってから使い切るまで相当かかります。
使い切る前に劣化するでしょう。
なので、小分けされている除光液はとても助かります。無駄になりません。
P1000545 - コピー
除光液をしみこませたシートが入っていて、拭くだけです。
除光液ってツーンと匂いのキツいものが一般的だと思いますが、無印良品のは柑橘系のいい香り。

さて、肝心な上履きですが、名前の部分をゴシゴシしてみましたが、まったく消えませんでした(-_-;)

いつもの私だと、ここで途方に暮れてしまい捨てられなかったでしょうが、捨てる日を決めたので、ここで立ち止まるわけにはいきません。

もう、塗っちゃうよね。
どうせ捨てるんだから塗りつぶしちゃう。
なんだかんだ出来ない言い訳をするんじゃなくて、最初から塗りつぶしちゃえば良かったんです。

溜めないことが肝心ですね。

このブログでも何度か書いていると思いますが、やるべきことは溜めないことが肝心だと思います。
物の処分をしてみて自分は全然できていなかったな~とつくづく感じます。(反省)
溜めちゃうと後が大変。日々痛感しています。

嫌だな~と思うことは「後でやろう」とせず、
わからないことは「あとで調べよう。」とせず、
その都度処理していくべき。
すぐにできなくても「〇日(まで)にやる。」と自分で締め切りを作って、ちゃんと守る。

心がけていきたいと思います。