小4の長女には都道府県を覚える課題があります。
地図を見ながら上から北海道、青森・・・とブツブツ唱えています。

ただ覚えるよりは、その都道府県の特色も知ってほしいし、特色と関連付けて覚えた方が頭に残りやすいだろうと考え、「都道府県のおはなし」というドリルを買ってみました。
987
安心の学研が発行しています。

このドリルの魅力は、47都道府県の文章問題があって、文章題の練習にもなるし、都道府県の特色も覚えられることです。
9877
文章題は、大人の私も知らない各都道府県の魅力や特色が書かれていて「へ~、そうなんだ~。」と思いながら読みました。
ただ単に、県名だけ覚えるよりもちょっとした知識を得られて良かったです。
今まで知らなかった県も、背景を知ることで身近に感じることができると思います。

ただ・・・、
問題は小4の長女には簡単すぎました。
低学年用になっているので、3年生までにやっておけば都道府県を覚える4年生の準備になると思います。

この「おはなしドリルシリーズ」は伝記、科学、ことわざetcも出ています。
これをやれば各分野のちょっとした豆知識を得られると思う。
ただ、問題は易しいので低学年のうちにするといいと思います。(もともと低学年用です。)

長女の都道府県の暗記はまだまだ怪しいところ。
各都道府県の特色と結び付けて、完璧に覚えてくれることを期待しています。

送料無料/おはなしドリル都道府県のおはなし低学年

価格:702円
(2016/9/8 23:19時点)

おはなしドリル科学のおはなし(小学3年) [ 学研教育出版 ]

価格:702円
(2016/9/8 23:16時点)